SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

力強いショットを打つ為には左サイドでフェースターンしない理由とは!?【「9時・4時スイング」でゴルフはすべて上手くいく/阿河徹】

Text:阿河徹

左サイドの運動ではフェースをターンしない

スイング中に左手の親指はどうなっているでしょうか? ここはけっこう重要なポイントです。9時のポジションでシャフトは地面と水平ですから、親指も同じく水平の状態です。そこから上はコッキングが入りますからサムアップといって、親指が上を向きます。外国人の先生だと「ヒッチハイクのように」などと表現しますけれど、フォローサイドでもサムアップです。

インパクトではどうかというと親指が下を向いているサムダウンの状態です。つまりインパクトから4時のポジションまではサムダウンで、なおかつ左脇が強く締まっていて、左肩と左肩甲骨が引き上げられていて、体幹に回旋運動が入っています。つまりサムダウンしながら左サイドにストッパーがかかっている状態です。

これはフェースローテーションを完全にブロックする動きで、左サイドの運動ではフェースのターンは起こしていません。だからこそ右手で叩けるわけですね。もし左にフェースローテーションの動きが入っていたら、右で叩いた瞬間にフェースが急激に返り曲がってしまうでしょう。

左サイドの運動だけだと、どちらかというとフェースをオープンに使う動きなんです。その上で右サイドの運動が入って、結果的にフェースターンというのが正しい動きです。

これを踏まえて、左手1本での練習は4時のポジションの態勢を大事にしてください。左脇が締まって上体がやや右に倒れている状態です。もちろん左手の親指はサムダウンですね。肩甲骨はインパクトの直前に引き上げられ、そのままの位置が保たれています。

インパクトバッグを叩くときに「ウッ!」と力が入りますが、これはインパクト直前のリリースと共に肩甲骨が引き上げられるから可能で、アーリーリリースの人はそうなりません。リリースが早いと肩甲骨が早く引き上がってしまうので、インパクトポイントを作りにくいのです。ですから肩甲骨が前にある状態を維持して、それを瞬間的に後ろに下げましょう。そうすると「ウッ!」と力の入ったインパクトになります。

【書誌情報】
『「9時・4時スイング」でゴルフはすべて上手くいく』
著者:阿河徹

「9時・4時スイング」とは、時計の9時の位置から4時の位置まで動くスイングのこと。この範囲のクラブと体の動きが、ゴルフ上達のポイントであると著者は考えている。本書は、そのスイングをする際の体の動き、クラブの動きを写真を数多く使い細部にいたるまでわかりやすく解説。加えて、スイング中の体の動きが身につく練習ドリルも紹介している。「9時・4時スイング」でゴルフは劇的に変わる!