SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

フェースが開くとミス連発!ロフトが立つ強いインパクトの形とは?【見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方/阿河徹】

Text:阿河徹

【インパクト②ハンドファーストにすればロフトが立つ】

●左手をリードするイメージを持つ
 インパクトでフェースが開くと、スライスしたりボールがつかまりづらくなります。そのためにも、フェースを閉じてロフトを立てた状態を作ることが大切です。意識としては、ハンドファーストインパクト。写真のように左手をリードするイメージを持ちましょう。 


●NG  フェースが開くとミス連発!
ヘッドが先行するハンドレートは、写真のようにフェースが開く要因の1つ。様々なミスショットを連発してしまうので注意しよう


●OK  ロフトを立ててインパクト
グリップエンド側を先行させるハンドファーストインパクトにすれば、ロフトが立ってフェースが閉じる。つかまるボールになる


『左手で引っ張る意識が大切!』
下の写真を見ても、クラブを左手で引っ張る意識を持てば、グリップが先行しハンドファーストインパクトが作れます

出典:『見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方 飛ばない、曲がる、安定しないをスッキリ解決!』/著:阿河徹

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内