SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ボールを上げたい意識が強すぎて過剰な右体重になってしまうすくい打ちの改善法とは?【見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方/阿河徹】

Text:阿河徹

アマチュアに多いスイングの問題⑥悪いクセ⑥すくい打ち~ボールを上げたいと過剰な右体重になってしまう動き】

●ハンドレートインパクトでフェースも開く
すくい打ちは、ボールを上げたい意識が強くなって起こる悪いクセです。インパクトでハンドレートになり、フェースが開くためスライスが出やすくなります。過剰な右体重になるため、ボールが上がりすぎて飛距離も出ません。スイング軌道もアウトサイドアタックです。ゴルフクラブは、正しいスイングで打てば自然とボールは上がります。無理に打とうとするとショットは乱れるのです。


これで改善!  左サイドでグリップエンドをコントロールしてみよう!
過剰な右体重になってしまうのは、ヘッドを前に出してボールに当てたい気持ちがあるから。グリップエンドが左サイドに入る余地があれば体のバランスは改善できます。左サイドでグリップエンドをコントロールできるように、下半身から胴体を左回旋させるようにスイングしましょう。写真のようにクラブを短く持ち、グリップエンドを左サイドに差し込み練習が習得にはおすすめです


出典:『見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方 飛ばない、曲がる、安定しないをスッキリ解決!』/著:阿河徹

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内