SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アドレス時に前傾しながら胴体の回転を覚えるべき理由とは?【見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方/阿河徹】

Text:阿河徹

【基本動作を覚えるドリル5 Drill 5前傾しながら胴体の回転を覚える~前傾キープで回転】

●下半身から動き出し胴体を回旋させる
アドレス時に作る前傾角度をキープしながら、ナチュラルにスイングするのはとても難しいものです。ゴルフスイングは複合的な運動で、慣れない人からみたらとても複雑でイメージしづらい。そこで、動作の感覚をつかむために、胴体の回旋動作を覚えてください。

胸で両手を交差させて組みながらクラブを平行になるように持ちます。下半身から動き出して、胴体を右回旋から左回旋と実際のスイングをイメージして動かしていきましょう。



出典:『見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方 飛ばない、曲がる、安定しないをスッキリ解決!』/著:阿河徹

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内