SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ライン間、ライン上にポジションを取る効果とは!?【ダイヤモンドオフェンス】

Text:坂本圭

相手の背後、ライン間、ライン上にポジションを取る

●ライン間、ライン上にポジションを取る効果
ライン間、ライン上にポジションを取ると、相手の背後(視野外)にポジションを取ることになる。仮に、ライン間にポジションを取る選手が相手にマークされたとしても、相手を自身に引きつけることで、他にパスコースやドリブルで侵入するスペースができる。

守備側の選手がライン間、ライン上にポジションを取る攻撃側の選手をマークすると、マンツーマンディフェンスのような状態になり、あらゆるところにオープンスペースができる。攻撃側の選手はそのスペースに動くことで位置的優位を獲得でき、そこから相手の組織的守備を攻略する。

ライン間、ライン上にポジションを取ることの効果は、ライン間にポジションを取る選手がマークされても、されなくとも効果的なプレーを生み出すことができるということである。ライン間、ライン上にポジションを取ることで、相手はマークしようか、このままスペースを守ろうかと迷いが生じる。その時、攻撃側にスペースと時間が出現する。ライン間、ライン上にポジションを取るということは、時間とスペースを支配することにつながる。

ゾーンディフェンス攻略の基本は、相手の背後(視野外)、ライン間、ライン上のスペースでボール受けることである。相手の背後(視野外)、ライン間、ライン上に配置された選手を有効利用するには、ボール保持者はコンドゥクシオン(スペースへ運ぶドリブル)で相手を引きつけるために勇気を持ってライン上を攻めなければならない。

ボール保持者が相手を引きつけることで、相手の背後(視野外)、ライン間、ライン上に配置された選手がフリーマンになることができる。

出典:『ダイヤモンドオフェンス サッカーの新常識 ポジショナルプレー実践法』著/坂本圭

『ダイヤモンドオフェンス サッカーの新常識 ポジショナルプレー実践法』
著者:坂本圭

日本ではまだ珍しいサッカー攻撃の概念・ポジショナルプレーを取り入れた戦術書!!スペインのプロチームでコーチライセンスを獲得した著者が、サッカーを勉強したい学生や指導者、日本式ではなく世界のトップシーンで導入されている新しいサッカーの攻撃方法を実践したいと思っている方々のために、ポジショナルプレーを実践するための方法としてダイヤモンドオフェンスを伝授します。