SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

済美高校出身芸人ティモンディ高岸&前田が厳しい練習の日々でも辞めたいと一度も思わなかった理由とは?

ティモンディが語る済美高校野球部の伝説!

今やテレビで見ない日はないほどの大ブレイクぶりで、すっかりお茶の間の人気者になったお笑い芸人・ティモンディのふたり。彼らが高校野球界の超名門・済美高校野球部出身なのは誰もが知るところだが、ここでは野球漬けの寮生活の中で、特に思い出深いエピソードを、思いっきりぶちまけて頂きました!

 

朝から夜遅くまでぶっ通しの練習の日々

 

――練習は、相当ハードだった?

高岸:シンプルに練習時間が長かったです。休日はそれこそ、朝から夜遅くまでぶっ通し。あとは、やっぱりランメニューはきつかった思い出があります。

前田:ウエートトレーニングでかなり体を追い込んで、ヘトヘトの状態から陸上選手がやるような本格的なメニューに突入するんです。練習前からすでに疲労がたまっているので、しんどかったですね。

厳しくても辞めたいと思ったことは一度もなし

――それだけ厳しくて「辞めたい」と思ったことは?

高岸:きついとは思っていましたけど、辞めたいとは思わなかったですね。甲子園優勝、プロ野球選手という目標もあったし、なにより仲間がみんな頑張っていますから。

前田:精神的にきつい時期っていうのは、みんなあったと思うんです。僕の場合は高校2年の秋、新チームで背番号がもらえなかった。ショックだし、きついんですけど、毎日の練習はすぐにやってくる。たとえばやる気が出ないとか、そういう「惰性」で乗り越えられるレベルの練習ではないので……(笑)。

前田:逆にもう少し余裕があれば、「辞めたい」とか「悔しい」とか、チームメイトへの嫉妬とか、そういう感情も出てきたのかもしれないですけど、明日やってくる練習を、チームとして乗りこえないといけない。背番号がもらえなかったからといって、自分だけやらないというのは、ちょっと違うのかなと。

【「がっつり!プロ野球」ティモンディ書籍刊行記念インタビュー】
『やればできる!ティモンディのベースボール教室』
著者:ティモンディ

お笑い芸人・ティモンディによる野球がうまくなる指南書。超名門・済美高校野球部出身ならではの日々の練習法、トレーニング法などはもちろん「野球部あるある」「済美あるある」「本当にうまくなる練習法」などを網羅した「笑って野球が上手くなる」1冊。投球編、守備編、打撃編などに分けて、比較的基礎的な内容の技術を解説。ティモンディ高岸による「子どもたちへの金言」も掲載。実際に150キロを投げる方法、柵越えを打つために必要なことを大公開します。