SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

デッドボールを当てた時、投手が帽子を取って謝るべき理由とは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56】

デッドボールを当てた時
デッドボールでは帽子を取ろう


【どうして?】
●素直に謝り、気持ちを入れ替えよう


ピッチャーをしていれば、避けて通れないのがデッドボールだ。普段から荒れ球のピッチャーもそうだが、コントロールがいいピッチャーであっても、コーナーを攻めるために、バッターにぶつけてしまうことはあるものだ。

デッドボールはピッチャーとバッターによる真剣勝負の中で起こる、いわば事故みたいなもの。ほとんどの場合は、どちらが悪いというわけではない。それでも、ピッチャーはバッターにぶつけてしまった場合、素直に帽子を取って謝るようにしよう。

常に対戦相手を尊重してプレイできれば、それはもう一流の野球選手だ。

【監督からのひと言】「デッドボール」は和製英語。現在はルールに合わせプロ野球も少年野球も、審判は「ヒット・バイ・ピッチ」と呼んでいるぞ。

出典:『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』監修/江藤省三

『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』
監修:江藤省三

少年野球の監督がレギュラーにしたい子供は大きく2つにタイプに分かれます。
・野球の技術、運動能力に優れている子
・野球のプレイに精通している子
野球は「投げる、打つ、走る」の能力が問われるスポーツで、これに優れた子供がレギュラー選手になる面が大きい。これが「野球の技術、運動能力に優れている子」です。
しかし、数多くあるいわゆる「野球技術向上本」は読んだところですぐには上手くならないのが現実。では、多くの“普通の子”にとって、何がレギュラーと補欠を分けるのか?それがもう一つの「野球に精通している子」かどうかという事です。
ルールを知らないのはそれ以前の問題ですが、監督は「ルールより少しだけ上のセオリーのプレイを知っている子」をレギュラー選手に使いたくなるものです。これに技術は必要なく「知っているか?知らないか?」の差でしかありません。
野球にはこのようなプレイが数多くあります。これができるかどうかで監督の評価は大きく変わってきます。
本書はその「知ればすぐにできる野球のセオリー」を集めました。これが出来るようになれば「明日から監督が使いたくなる選手」になれる1冊です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内