SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

投手は2アウトで塁が埋まっている時フルカウントでは牽制球を投げるべき理由とは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56】

ピッチャーは2アウトで塁が埋まっている時、フルカウントではけん制球を投げる


【どうして?】
●ランナーが必ずスタートを切るから


走塁の項でも取り上げている、2アウトで塁が埋まり、フルカウントのケース。攻撃側は走者がオートマチックスタート、すなわち全員が盗塁のタイミングで一斉に走り出す。守備側はこれに慌てることなく、冷静に対処したい。

この場面、ピッチャーはいったん、プレートを外してひと呼吸入れよう。タイミングがよければ、スタートしようとしていた走者の逆をつけることもある。確実にアウトにできそうなら、ここでけん制球を投げてもいいが、この場合、ボールがそれると大量失点の危険もある。よほど自信があるとき以外は、プレートを外す程度と考えておこう。

その動作だけで、相手走者を一瞬、足止めできるのと同時に、野手陣もひと呼吸置くことができる。気持ちを落ち着かせたら、あらためて投球動作に入ろう。

【監督からのひと言】マウンドを外して、ひと呼吸おくことで、自分の気持ちを落ち着かせるのと同時に、野手の緊張感もほぐすことができるぞ。

出典:『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』監修/江藤省三

『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』
監修:江藤省三

少年野球の監督がレギュラーにしたい子供は大きく2つにタイプに分かれます。
・野球の技術、運動能力に優れている子
・野球のプレイに精通している子
野球は「投げる、打つ、走る」の能力が問われるスポーツで、これに優れた子供がレギュラー選手になる面が大きい。これが「野球の技術、運動能力に優れている子」です。
しかし、数多くあるいわゆる「野球技術向上本」は読んだところですぐには上手くならないのが現実。では、多くの“普通の子”にとって、何がレギュラーと補欠を分けるのか?それがもう一つの「野球に精通している子」かどうかという事です。
ルールを知らないのはそれ以前の問題ですが、監督は「ルールより少しだけ上のセオリーのプレイを知っている子」をレギュラー選手に使いたくなるものです。これに技術は必要なく「知っているか?知らないか?」の差でしかありません。
野球にはこのようなプレイが数多くあります。これができるかどうかで監督の評価は大きく変わってきます。
本書はその「知ればすぐにできる野球のセオリー」を集めました。これが出来るようになれば「明日から監督が使いたくなる選手」になれる1冊です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内