SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

走者の時、タッチアップでの進塁が無理な時はハーフウェイで待つべき理由とは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56】

ランナーの時、タッチアップでの進塁が無理なときはハーフウェイで待つ


【どうして?】
捕球されれば帰塁し、落とせば次の塁を狙うため


タッチアップが狙える場合以外、ランナーはフライが上がったとき、相手野手が捕球したときには帰塁でき、捕球できなかったときには次の塁を狙うことができる場所まで出て待つ。これが「ハーフウェイ」と言われる位置だ。

よくベンチからランナーに向かって「ハーフウェイ(まで出て待て)!」の指示が飛んだりするが、実際には相手外野手の捕球する位置や、捕球の難しさなどによってハーフウェイの位置は変わってくる。深めの外野フライや、捕るのが難しそうな位置へのフライなら大きめのリードをとっても大丈夫だし、浅ければそれほど出ることはできない。

フライが上がったら「タッチアップできるか?」を判断し(できそうなら帰塁して捕球を待つ)、無理なら「どこまで出て待てるか」を打球によって決める。簡単ではないが、できるだけ素早く判断できるよう、普段から心掛けておこう。

 

出典:『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』監修/江藤省三

『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』
監修:江藤省三

少年野球の監督がレギュラーにしたい子供は大きく2つにタイプに分かれます。
・野球の技術、運動能力に優れている子
・野球のプレイに精通している子
野球は「投げる、打つ、走る」の能力が問われるスポーツで、これに優れた子供がレギュラー選手になる面が大きい。これが「野球の技術、運動能力に優れている子」です。
しかし、数多くあるいわゆる「野球技術向上本」は読んだところですぐには上手くならないのが現実。では、多くの“普通の子”にとって、何がレギュラーと補欠を分けるのか?それがもう一つの「野球に精通している子」かどうかという事です。
ルールを知らないのはそれ以前の問題ですが、監督は「ルールより少しだけ上のセオリーのプレイを知っている子」をレギュラー選手に使いたくなるものです。これに技術は必要なく「知っているか?知らないか?」の差でしかありません。
野球にはこのようなプレイが数多くあります。これができるかどうかで監督の評価は大きく変わってきます。
本書はその「知ればすぐにできる野球のセオリー」を集めました。これが出来るようになれば「明日から監督が使いたくなる選手」になれる1冊です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内