SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

守備の時、エラーをしたチームメートに声掛けをすべき理由とは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56】

守備の時、エラーをしたチームメートに声掛けを


【どうして?】
チームの雰囲気を悪くしないため

野球にエラーはつきもの。プロ野球の名手だって、エラーをしない選手はいないのだ。少年野球では、とくにそう。

誰だってエラーはしてしまうが、大切なのは、気持ちを引きずって、同じミスを繰り返さないことだ。エラーしてしまい、落ち込むチームメートには、進んで声を掛けてあげよう。

「ドンマイ!」「次は捕れるぞ!」。なんでもいい。仲間のひと言で、気持ちの切り替えはできるのだ。

 

「情けは人のためならず」ということわざがある。人にした親切は、回り回っていずれ自分に戻ってくる、という意味。自分がエラーしたときには、仲間が声を掛けてくれるはずだ。

 

出典:『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』監修/江藤省三

『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』
監修:江藤省三

少年野球の監督がレギュラーにしたい子供は大きく2つにタイプに分かれます。
・野球の技術、運動能力に優れている子
・野球のプレイに精通している子
野球は「投げる、打つ、走る」の能力が問われるスポーツで、これに優れた子供がレギュラー選手になる面が大きい。これが「野球の技術、運動能力に優れている子」です。
しかし、数多くあるいわゆる「野球技術向上本」は読んだところですぐには上手くならないのが現実。では、多くの“普通の子”にとって、何がレギュラーと補欠を分けるのか?それがもう一つの「野球に精通している子」かどうかという事です。
ルールを知らないのはそれ以前の問題ですが、監督は「ルールより少しだけ上のセオリーのプレイを知っている子」をレギュラー選手に使いたくなるものです。これに技術は必要なく「知っているか?知らないか?」の差でしかありません。
野球にはこのようなプレイが数多くあります。これができるかどうかで監督の評価は大きく変わってきます。
本書はその「知ればすぐにできる野球のセオリー」を集めました。これが出来るようになれば「明日から監督が使いたくなる選手」になれる1冊です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内