SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ヒッカケ球を防ぐ、クラブ特性を生かす力の使い方とは!?【キープレフト理論 実戦強化編/和田泰朗】

Text:和田泰朗

スライスを嫌って引っぱりこんだり
手を返すとヒッカケる

左に飛び出した打球がそのまま左へいくのがヒッカケで、多くはスライスを嫌ってインパクト~フォローでクラブを左に引っぱり込むように動かす、または、ボールをつかまえようと手を返す動きが原因で起こります。

これらはいずれも自分の力だけでボールを打とうとして出る動きです。極端にいうなら、クラブを自分の方向に引っぱりながら打っています。スイングではこのような力の出し方が必要な局面もありますが、終始この力で振るのはNGです。

スイングはクラブという道具が介在する運動です。しかもクラブは重心がズレていたり、長くてしなったりと特殊な性質を持ち合わせており、それによって自力を上回るパワーが得られます。ですから、クラブの特性を生かす力の使い方も必要になる。スイング中にその切り替えが行われればヒッカケはなくなります。

手を使ってフェースを閉じる(左)
体全体でつかまえにいく(右)

上体が突っ込むとダフりやすく(右)
伸び上がるとトップに(左)

【書誌情報】
『究極のシンプルスイング キープレフト理論 実戦強化編』
著者:和田泰朗

ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。本書のスイング論である「キープレフト理論」は、クラブを体の左サイドにキープして振る考え方。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージで、スイングを「吊り子運動」を考えている。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、スイングの動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーに、ぜひすすめたい。本書は、2019年に刊行した『究極のシンプルスイング キープレフト理論』に続く著書。前作のテーマ「スイング作り」を、今回は「スコア作り」に変え、「キープレフト理論」を駆使したラウンド実戦法写真を多用してわかりやすく解説する。この理論の考案者・和田泰朗プロは、世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。また、2020年には女子プロのトーナメントを運営するなど、その活動が注目されている。