SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

クラブをインサイドから下ろせるようになる「左腕旋回ドリル」とは!?【キープレフト理論 実戦強化編/和田泰朗】

Text:和田泰朗

左体側を伸ばして使い、クラブがインサイドから下りるようにする

こちらもラウンドや練習前のストレッチ的な要素の強いメニューですが、スイングにダイレクトに反映されるのでぜひ取り入れてください。

使用クラブはドライバー。左手1本で持ってセットアップしたら、キープレフトのイメージでクラブを上げます。左腕が地面と平行になるあたりにきたら上腕、前腕ともに右に回しながら頭の上に運びます。これで左体側が伸びます。

ここまできたら、今度は体を左に回転させてフィニッシュの位置(体の正面が目標方向を向く)のポジションまで行きましょう。ゆっくり大きく動くのがポイントです。

ここでやったように左体側が伸びると、ダウンスイングでクラブが斜めを保ってインサイドから下ります。加えて、スイングアークが大きくなるメリットも享受できます。

出典:『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』著/和田泰朗

【書誌情報】
『究極のシンプルスイング キープレフト理論 実戦強化編』
著者:和田泰朗

ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。本書のスイング論である「キープレフト理論」は、クラブを体の左サイドにキープして振る考え方。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージで、スイングを「吊り子運動」を考えている。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、スイングの動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーに、ぜひすすめたい。本書は、2019年に刊行した『究極のシンプルスイング キープレフト理論』に続く著書。前作のテーマ「スイング作り」を、今回は「スコア作り」に変え、「キープレフト理論」を駆使したラウンド実戦法写真を多用してわかりやすく解説する。この理論の考案者・和田泰朗プロは、世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。また、2020年には女子プロのトーナメントを運営するなど、その活動が注目されている。