SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

回転運動でインパクトを作る「フォワードプレスドリル」とは!?【キープレフト理論 実戦強化編/和田泰朗】

Text:和田泰朗

フォワードプレスの形を保ち回転運動によるインパクトをマスター

体とクラブの関係性を強調してキープレフトを覚えるドリルです。

セットアップしたらフォワードプレスを入れ、ボールに対してクラブフェースが開いた状態を作ります。このとき、右前腕は右、左前腕は左に回り、クラブは体に対してヨコの位置にあるとともに斜めに傾く。つまりキープレフトポジションになります。

このクラブと腕、および体の関係性を保ったまま体を右に回してバックスイング、左に回してダウンスイングからインパクトへと向かいます。素振りでもボールを打ってもいいですが、インパクトでもフェース面は開いたままにしておくこと。絶対に閉じてはいけません。

フェースが開いて当たってスライスするような気がするかもしれませんが、回転運動が伴っていればクラブの使用条件(クラブのヘッド側がヒールを追い越して打つ)が満たされてボールがつかまります。

出典:『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』著/和田泰朗

【書誌情報】
『究極のシンプルスイング キープレフト理論 実戦強化編』
著者:和田泰朗

ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。本書のスイング論である「キープレフト理論」は、クラブを体の左サイドにキープして振る考え方。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージで、スイングを「吊り子運動」を考えている。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、スイングの動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーに、ぜひすすめたい。本書は、2019年に刊行した『究極のシンプルスイング キープレフト理論』に続く著書。前作のテーマ「スイング作り」を、今回は「スコア作り」に変え、「キープレフト理論」を駆使したラウンド実戦法写真を多用してわかりやすく解説する。この理論の考案者・和田泰朗プロは、世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。また、2020年には女子プロのトーナメントを運営するなど、その活動が注目されている。