SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

パッティング上達のカギはショルダーストローク!

Text:松本哲也

パッティングはショルダーストロークを磨く

ショルダーストロークというのは、その名の通り、両肩の動きを使って行うストロークのことです。アマチュアゴルファーの中には、このストロークを、パッティングストロークの一種だと思っている人もいるようですが、パッティングにおいてはこれ以外の打ち方はないと言ってもいいくらい。

現にプロゴルファーでも、ショルダーストローク以外の打ち方をしている選手はほとんど見かけません。つまり、ショルダーストロークができなければ、いいパッティングはできないし、上達も難しいということになります。

だから、皆さんにも美しいショルダーストロークをマスターして欲しいのです。では、どうすれば正しいショルダーストロークができるのか。まずは、構えです。「第1章で紹介した構えは、ショルダーストロークをするための準備」 なので、その構えがきちんとできているかどうかが大きなポイントになります。

【書誌情報】
『とことん上手くなる! パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。