SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

パットは狙った方向に転がせる技術を身につけることが大事!

Text:松本哲也

狙った方向に転がす技術も身につけておこう

パッティングでは、狙ったラインに打ち出すことが大事です。当然のことだと思うでしょうが、この当たり前のことができていない人が結構います。たとえば、ボールから80センチぐらいのところに、ボールが2個通過できる程度のゲートを置いて打ってもらうと、ほとんどの人が1メートル前後のショートパットを打つときのような小さい振り幅で打ってボールを通過させようとします。そしてこの場合は、ほぼ100%の確率で成功します。

ところが、「10メートル先のカップを狙うつもりで打ってください」というと、成功率は大幅に下がります。距離が長くなるほど振り幅も大きくなるので、当然の結果といえばそれまでですが、ここで問題なのは、この事実を認識していない人が多いこと。自分では、「常に狙った方向に打ち出せる」と思い込んでいる人が多いということです。

大きな振り幅が必要なときでも狙ったラインにきちんと打ち出すためには、そのための練習が必要です。80センチ先にゲートを置いてそれを通過させるドリルもそのひとつ。障害物の先にクッションを置いておけば、リングパットを想定した練習も可能です。

また、円形のターゲットを置いての練習も効果的です。ボールが真ん中に当たれば真っすぐはね返り、手前に戻ってきますが、ズレるとズレた方にはね返ってくるのでルックアップしなくてもズレを確認できます。これらのドリルで、狙った方向に転がせる技術を身につけておきましょう。

【書誌情報】
『とことん上手くなる! パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。