SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

よりよくストロークするための右手の握り方とは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド】

Text:松本哲也

右手は手首の角度がつかないように握る

 右手は、ショットのときのように、左手人指し指を包み込んだり絡めたりしません。左手小・中・薬指に右手小指側肉球を重ね、右手人指し・中・薬指を、大きく空けておいた左手人指し指の内側に入れます。正面から見て、左手親指の爪が見えている状態になっているのが望ましい形です。

右手のグリップで気をつけたいのは、手首の角度をつけないことです。パッティングでは手首を使わないというのが重要なポイント。もし、握る際に右手に角度がつくとストローク中、手首が戻る動きが入ってしまい、結果的に手首を使いやすくなってしまいます。また、右手と左手の距離をできるだけ縮めることも大事。そうすれば肩の高さが水平に近くなり、肩の動きがよりスムーズになります。私の場合は左手人指し指を外に出すと同時に、右手の小指を左手中指の上に乗せていますが、もし違和感がなければこの形をお勧めします。

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也

【書誌情報】
『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。