SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

正しいショルダーストロークを体感することでパット数は減らせるとは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド】

Text:松本哲也

肩は上下動させず背骨を軸に横回転

前回の疑似体験でショルダーストロークの動きを理解したら、今度はパターを持ってショルダーストロークの動きを確認してみましょう。イスに座って背筋を伸ばし、両ヒジを軽く曲げ、パターを体の正面で、グリップの延長線がすっぽり腕の中に隠れるようにして、パターのシャフトと前腕がすべて地面に対して水平になるように持ちます(これをするには左手の握り方が重要)。

そして、パターのグリップと両腕の前腕部の間隔が変わらないように(グリップエンドが常に背骨を指す状態をキープ)しながら、また、パターを水平に保ちながら(シャフトが地面に対して平行である状態をキープ)、肩を横回転
してください。この練習のときは、かなり短く持つとわかりやすいです。

これができれば肩は正しく動いているということで、ほぼ完璧なショルダーストロークの疑似体験ができます。

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也

【書誌情報】
『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。