SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ショルダーストロークを成功するために固定しなければならない場所とは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド】

Text:松本哲也

手首、ヒジ、頭、下半身を固定する意識を持つ

 ショルダーストロークをマスターするために、動かしてはいけない部分を明確にしておくことが大切です。その部分は、「手首」、「ヒジ」、「頭」、「下半身」の4カ所です。中でも重要なのが手首です。

 手首を使うと手元の動きは止まるのにヘッドだけが動き続け、いわゆる「手首をこねる」という動きになります。これをやってしまうと、肩の動きでヘッドに振り子運動をさせるショルダーストロークにならないことは想像できると思います。

 ヒジに関しては、「ヘッドを真っすぐ引こう」とか「真っすぐ出そう」という意識が強いと動きすぎますが、これも動かしすぎると、“肩を使う”ショルダーストロークの妨げになります。

また、下半身については、ショルダーストロークがイスに座ってできることからもわかる通り、ほとんど使わない=動かさないことが大事です。

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也

【書誌情報】
『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。