SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ショートパットの狙いどころは曖昧にせずに1点を狙うべき理由とは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド】

Text:松本哲也

ショートパットは1点を狙う

ショートパットでラインがストレートの場合、カップのど真ん中を狙います。

しかし、微妙に傾斜がある時、ど真ん中ではなく、狙い所を左右にズラします。たとえばスライスラインのとき、左方向に打ち出すわけですが、この時の狙い所が曖昧なゴルファーが結構います。

ショートパットなので、そう大きく左に打ち出すことはないことを考えると、ポイントは、「左方向に打ち出すけどカップを外さない所」、「カップの縁」、「ボール1個分左」といった感じになると思うのですが、その目標に対してボヤッとしたイメージで打ち出すゴルファーが多いのです。

中には、「カップを外さない所」や「カップの縁」という表現をきちんと理解していないというケースもあります。狙い所が決まったら1点(マーカーの大きさ)を狙うつもりでストローク。ショートパットでは微妙なずれが命取りになるのです。

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也

【書誌情報】
『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。