SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ボールをしっかり捉えるアプローチのアドレスとは!?【アプローチの新しい教科書/松吉信】

Text:松吉信

きちんと打てるかどうかの結果はアドレスで決まる

アドレスとはボールを正確にヒットしやすくするための準備姿勢です。 「正しくインパクトする」というところに一番の目的が あるわけで、ただ漠然とクラブを持って構えるだけではいけません。

プロたちのアドレスを見てください。まったく隙がなくて、グッドショットを予感させるような姿勢をつくっていることが分かるでしょう。それはインパクトを想定して構えているからです。

アプローチショットでボールをきちんと打てないというゴルファーは、ボールを左に置きすぎる、両手の位置が右寄りになっている、極端なオープンスタンスに構えている、ボールから離れすぎている、などという具合にミスショットを招いてしまう姿勢を、最初からつくっているところに問題点があります。

上体が右や左に傾いて軸の位置が不安定になりやすいアドレスや、広すぎるスタンスなども避けたいものです。

インパクトの理想形はハンドファーストの形です。左腕とクラブが一直線となるような姿勢ですが、そのためにはボールをスイング軌道の最下点、ちょうどスタンスの中央にセットすることが絶対条件です。

スタンス幅を狭めにして、真正面から体の軸が真っ直ぐに見えるように立ち、それからにインパクトをイメージしてハンドファースト構えましょう。

【書誌情報】
『「左手」「右手」タイプ別で上手くなる!アプローチの新しい教科書』
著者:松吉 信

本書の著者はゴルフのアプローチ・スイングについて左手主導と右手主導の2つがあるという。この本ではそれを「左手タイプ」「右手タイプ」と呼ぶ。どちらが合うかはゴルファー次第。「気持ちよく振れること」を基準にタイプを選び、そのメソッドを身につければ確実にレベルアップ、そしてスコアアップも実現する。本書では、それぞれのスイング方法をカラー写真を中心にわかりやすく解説。初心者からプロレベルの人まで使える、この方法はトライする価値がある画期的メソッドだ。