SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アプローチを腕と右ヒザを使って打つべき理由とは!?【アプローチの新しい教科書/松吉信】

Text:松吉信

足で打つイメージを持つと手首を使わなくても腕が振れるようになる

アプローチスイングのエンジンは一つ半です。つまり、両腕と右ヒザを稼働させてクラブを振るのですが、「足を使って打つ」感覚が身につけば一人前といえます。

左手タイプのスイングは体重移動をほとんど使いませんから、右ヒザの動きは制限されます。しかし、右ヒザを固定させたまま腕だけでスイングすると腰が引けてしまいますから、小さいなりにも右ヒザを動かすことが大切です。

右手タイプのスイングは、右ヒザと右ヒジを連動させてクラブを振ります。アプローチがどんどん上達すると、右ヒザを動かすだけで球をコントロールできるようになります。足で打つわけではありませんが、足で打つイメージを持つと手首を使わなくても腕が振れるようになるのです。

右ヒザが動くことで右腰がスムーズに回転します。ダウンスイングで右ヒジを体につけておいて、右ヒザを動かせば体の右サイドの全体が一緒に動いて、フェース面にボールが乗っている時間が長くなります。

それだけ長いインパクトゾーンがつくれて、方向性が安定しやすい上にスピンがかかりやすくなります。さらには右ヒザを左ヒザへと送っていく稼働量でフォロースルーの振り幅をコントロールできるようになり、距離感がつくりやすいのです。

クラブを持たずにシャドウスイングを繰り返し、右ヒザの使い方をマスターしましょう。

【書誌情報】
『「左手」「右手」タイプ別で上手くなる!アプローチの新しい教科書』
著者:松吉 信

本書の著者はゴルフのアプローチ・スイングについて左手主導と右手主導の2つがあるという。この本ではそれを「左手タイプ」「右手タイプ」と呼ぶ。どちらが合うかはゴルファー次第。「気持ちよく振れること」を基準にタイプを選び、そのメソッドを身につければ確実にレベルアップ、そしてスコアアップも実現する。本書では、それぞれのスイング方法をカラー写真を中心にわかりやすく解説。初心者からプロレベルの人まで使える、この方法はトライする価値がある画期的メソッドだ。