SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

右手グリップよりアバウトでOK!左手首が使える心地よい握り方とは!?【グリップを直すだけでゴルフが変わる/松吉信】

Text:松吉信

左手グリップの基本の〝き〞

極論すれば、左手グリップは右手グリップよりもアバウトな握りで大丈夫です。その代わり、右手のグリップについては、かなり気を遣って握る必要があります。初めから両手ともにやわらかく握ろうとしても、不安でなかなか難しいと思います。そこで、左手のグリップは多少の力が入っても仕方ないくらいの気持ちでいいでしょう。

左手のグリップは、指先でクラブを握っても、手のひらで握っても、どちらでも構いません。自分にとって力が入らずに居心地のいい握り方を見つけてください。

左手グリップで注意すべき点は、左手のひらの小指の下のふくらみをグリップの上に乗せることです。手のひらのくぼみの部分でグリップがはまるように握ってしまうと、手首のスナップが使えなくなってしまうので気をつけましょう。

「左手は小指、中指、薬指の3本で握りなさい」と世間一般でよく聞かれる左手のグリップですが、私はこの握り方が必ずしも正しいとは思いません。小指の力を抜いたほうが居心地がいいなら、それでもいいでしょう。どの指で握るかよりも、やわらかく手首を使えることが最優先だからです。

【書誌情報】
『動画解説版 グリップを直すだけでゴルフが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える:動画でわかる、見つかる自分のベストグリップ!』
著者:松吉 信

ゴルフは自分の手でボールを打つのではなく、クラブで打つスポーツ。手は自分の身体とクラブをつなぐ唯一の部位だが、大半のアマチュアゴルファーはクラブや身体の動きに気を取られ、手元の感覚を軽視しがちだ。 そのことでミスショットが増え、スコアアップができないでいる。つまり、自分にとって正しいグリップで握っていないから思うようなショットが打てないのだ。 正しいグリップでなければ、身体のに歪みが出て余計な力が入り、スイングは崩れ飛距離も出ない。クラブの握り方が悪いままでは、いくらスイングを直そうとしてもゴルフの上達は無理ということだ。ということはグリップがよければゴルフがうまくいく、と言っても過言ではない。 この本は、ゴルファー自身にとって最適なクラブの握り方を見つけるための考えや方法を一冊にまとめたもの。その方法や身に付けるための練習ドリルを、QRコード付動画を中心にわかりやすく紹介する。