SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

自分に一番適したグリップの見つけ方とは!?【グリップを直すだけでゴルフが変わる/松吉信】

Text:松吉信

居心地がよくなければ意味がない!

ゴルフの雑誌や書籍などを見ていると、『ウィーク・グリップ』『スクエア・グリップ』『ストロング・グリップ』という言葉を目にします。どれがいいのか?という企画もよく見ますが、ひと口に優劣をつけることはできません。なぜなら、ウィークでもストロングでも、結果的に自分にとって居心地のいいグリップでなければ意味がないからです。

学生時代に、来日したフレッド・カプルスをサポートする機会がありましたが、彼は人柄もプレースタイルも非常に個性的でした。『ブンブン丸』というあだ名のとおり、飛ばし屋だった彼は、左手の甲が空を向くほどのストロング・グリップ。そのグリップを使う理由を聞くと彼はこう答えてくれました。

「私にとってはこれがいちばん居心地のいい握り方なんだ。スクエア・グリップを一度試したけど、手首に力が入ってしまってうまくボールに当たらなかったよ」

また、カプルスは著書『Total Shotmaking』で次のように書いています。

「すっぽ抜けるほど軽くグリップする。これがPGAツアーのなかで飛ばし屋と言われる理由だ」

「ゴルフはある程度いい加減さが必要だ。そんなに突き詰めてはいけない。そう思えば力も入らず、イライラもしなくなるもんだよ」

この言葉を、私からも皆さんに贈ります。

【書誌情報】
『動画解説版 グリップを直すだけでゴルフが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える:動画でわかる、見つかる自分のベストグリップ!』
著者:松吉 信

ゴルフは自分の手でボールを打つのではなく、クラブで打つスポーツ。手は自分の身体とクラブをつなぐ唯一の部位だが、大半のアマチュアゴルファーはクラブや身体の動きに気を取られ、手元の感覚を軽視しがちだ。 そのことでミスショットが増え、スコアアップができないでいる。つまり、自分にとって正しいグリップで握っていないから思うようなショットが打てないのだ。 正しいグリップでなければ、身体のに歪みが出て余計な力が入り、スイングは崩れ飛距離も出ない。クラブの握り方が悪いままでは、いくらスイングを直そうとしてもゴルフの上達は無理ということだ。ということはグリップがよければゴルフがうまくいく、と言っても過言ではない。 この本は、ゴルファー自身にとって最適なクラブの握り方を見つけるための考えや方法を一冊にまとめたもの。その方法や身に付けるための練習ドリルを、QRコード付動画を中心にわかりやすく紹介する。