SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ミスショットしない為の右グリップで守るべき親指の鉄則とは!?【グリップを直すだけでゴルフが変わる/松吉信】

Text:松吉信

意外と重要な右手の親指の添え方

右手のグリップの握り方について説明してきましたが、さらに細かいポイントに親指の添え方があります。

皆さんは、右手の親指をどのようにグリップに添えているでしょうか?

右手の親指の添え方は大きく分けて2パターンあります。ひとつは、指の腹をグリップにあてがうようにして親指をグリップの真上に添えるパターン。もうひとつは、親指をクラブの左側に外して添える方法です。

どちらの親指の添え方が正解なのでしょうか? それは、スイング中に右手の親指に力が入らず、自分で振りやすいと感じる添え方です。それがあなたにとっての正解となります。人によって、指の長さや関節の太さは異なります。ですから、この握り方をすればうまくいく、と一概に言うことはできないのです。

ただし、ひとつだけ「これはおすすめできない」という形があります。

右手の親指をグリップにあてがわないで握る方法です。右手の親指をグリップから離した状態にすると、なんとなく力が抜けていい感じに思えますが、この方法でスイングをした場合、たいていはダウンスイングもしくはインパクトの寸前で親指をグリップにギュッと付けて力を入れてしまいます。すると、スイングプレーンが崩れてダフりやトップなどのミスにつながってしまうのです。

親指は最初からグリップに添えていたほうがいいでしょう。そのうえで、グリップに沿ってまっすぐ添えるのか、グリップから外して人差し指の先端とくっつけるのか。自分にとって力の入らない、居心地のいい方法を選択してください。

【書誌情報】
『動画解説版 グリップを直すだけでゴルフが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える:動画でわかる、見つかる自分のベストグリップ!』
著者:松吉 信

ゴルフは自分の手でボールを打つのではなく、クラブで打つスポーツ。手は自分の身体とクラブをつなぐ唯一の部位だが、大半のアマチュアゴルファーはクラブや身体の動きに気を取られ、手元の感覚を軽視しがちだ。 そのことでミスショットが増え、スコアアップができないでいる。つまり、自分にとって正しいグリップで握っていないから思うようなショットが打てないのだ。 正しいグリップでなければ、身体のに歪みが出て余計な力が入り、スイングは崩れ飛距離も出ない。クラブの握り方が悪いままでは、いくらスイングを直そうとしてもゴルフの上達は無理ということだ。ということはグリップがよければゴルフがうまくいく、と言っても過言ではない。 この本は、ゴルファー自身にとって最適なクラブの握り方を見つけるための考えや方法を一冊にまとめたもの。その方法や身に付けるための練習ドリルを、QRコード付動画を中心にわかりやすく紹介する。