SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

朝一番のティーショットから手首をソフトに使えるようになる「グリップ落とし」とは!?【グリップを直すだけでゴルフが変わる/松吉信】

Text:松吉信

グリップ落とし

クラブを両手でグリップして、ヘッドを天井に向けます。次に両手の力を徐々に抜いていき、クラブが落ちるまで力を抜きましょう。これは、どのくらいの力で握ったらいいかを知るためのドリルです。

メジャートーナメントで8勝を挙げているトム・ワトソンは言いました。

「クラブを持ち上げて、これが落ちるか落ちないかギリギリの力で握る。それがベストなグリップだ」

クラブヘッドを上に向けて持ち、徐々に徐々に手の力を抜いていくと、どこかでクラブが手から落ちます。この寸前の落ちないポイントで力を保つのが、トム・ワトソンの言うグリップです。

グリップを握る力加減は人それぞれの感覚になってしまいます。自分で力を入れて握っていないつもりでも、意外と力が入っているものです。このドリルで力加減をチェックしてください。

自宅の居間などでテレビを見ながらでもくり返し行えるので、練習場に行くよりも効果的でしょう。

また、ラウンド前にやわらかいグリップを身体に染み込ませるために、このドリルを数回やってからスタートすると、朝一番のティーショットから手首をソフトに使えるようになるでしょう。

【書誌情報】
『動画解説版 グリップを直すだけでゴルフが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える:動画でわかる、見つかる自分のベストグリップ!』
著者:松吉 信

ゴルフは自分の手でボールを打つのではなく、クラブで打つスポーツ。手は自分の身体とクラブをつなぐ唯一の部位だが、大半のアマチュアゴルファーはクラブや身体の動きに気を取られ、手元の感覚を軽視しがちだ。 そのことでミスショットが増え、スコアアップができないでいる。つまり、自分にとって正しいグリップで握っていないから思うようなショットが打てないのだ。 正しいグリップでなければ、身体のに歪みが出て余計な力が入り、スイングは崩れ飛距離も出ない。クラブの握り方が悪いままでは、いくらスイングを直そうとしてもゴルフの上達は無理ということだ。ということはグリップがよければゴルフがうまくいく、と言っても過言ではない。 この本は、ゴルファー自身にとって最適なクラブの握り方を見つけるための考えや方法を一冊にまとめたもの。その方法や身に付けるための練習ドリルを、QRコード付動画を中心にわかりやすく紹介する。