SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

左の手首が柔らかく使えるコック作りが身に付く「フィッシング・ドリル」とは!?【グリップを直すだけでゴルフが変わる/松吉信】

Text:松吉信

フィッシング・ドリル

左手だけでグリップして、釣り竿を振るようにクラブを前後にゆっくりと振りましょう。このとき、クラブ全体の重みを感じながら行うようにしてください。

これは左手首をやわらかく使えるようになることが目的です。なぜならゴルフは、スイングの際にトンカチを叩くように手首をコックさせなければいけません。すでに説明したとおり、コックとはグリップした状態から左手首を親指方向に曲げた状態を指します。

ゴルフを始めたばかりのアマチュアの人に多く見られるのが、親指の先端(爪)を立ててクラブを押さえるグリップです。このような握り方ではコックができないのです。

左手の親指は、指の腹をグリップに添えるようにするのがベストです。そうすることで自然と親指側にクラブが入ってきます。そのとき、指の腹でクラブ全体の重みを感じることが重要です。

5回を1セットとして、3セットを目安に取り組みましょう。もしクラブが重い場合は、ヘッド側のシャフトを持って行ってもいいでしょう。

【書誌情報】
『動画解説版 グリップを直すだけでゴルフが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える:動画でわかる、見つかる自分のベストグリップ!』
著者:松吉 信

ゴルフは自分の手でボールを打つのではなく、クラブで打つスポーツ。手は自分の身体とクラブをつなぐ唯一の部位だが、大半のアマチュアゴルファーはクラブや身体の動きに気を取られ、手元の感覚を軽視しがちだ。 そのことでミスショットが増え、スコアアップができないでいる。つまり、自分にとって正しいグリップで握っていないから思うようなショットが打てないのだ。 正しいグリップでなければ、身体のに歪みが出て余計な力が入り、スイングは崩れ飛距離も出ない。クラブの握り方が悪いままでは、いくらスイングを直そうとしてもゴルフの上達は無理ということだ。ということはグリップがよければゴルフがうまくいく、と言っても過言ではない。 この本は、ゴルファー自身にとって最適なクラブの握り方を見つけるための考えや方法を一冊にまとめたもの。その方法や身に付けるための練習ドリルを、QRコード付動画を中心にわかりやすく紹介する。