SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スイングのスピード感を変えずにフルスイングの距離から10yd落として打つ方法とは!?【三觜喜一スウィングの流儀】

【MITSUHASHI TV】再生回数ベスト15レッスン

●「SWでフルスイングからマイナス10ヤードの距離を打つ」

ショートアイアンやウェッジで距離を打ち分けることは、スコアメークの上で非常に重要になってきます。

ここではフルスイングの距離から10ヤード落として打つ方法について、スイングのスピード感を変えずに距離を落とす方法を説明しようと思います。

やり方はシンプルで、フルスイングと同じバックスイングからフィニッシュを取らずに打ちます。ただしスイングを途中で止めるの簡単ではなく、手や腕だけでは絶対に無理です。体幹を使って止めることがポイントになります。

フルスイングのときは腕を使って気持ちよく振り切りますが、このショットでは体とクラブのシンクロといって、それぞれの回転を合わせることが必要です。通常下半身をあまり使わず腕だけで振っている人はこのコントロールショットが苦手だと思いますので、まずはゆっくりしたスピードでクラブの回転に体を合わせてみてください。

クラブと体がシンクロするようになれば、フィニッシュまで行かずに止めるコツがつかめてくると思います。フルスイングと同じスピード感で体とクラブが動きながらボールをとらえ、打ち終わったときに体がターゲット方向を向き、胸の高さあたりに腕が収まればOKです。弾道はやや低めになってキャリーの距離が落ちます。

実際、プロがショートアイアンでフィニッシュをとることはまずありません。「スリークォーター」と呼ばれるコントロールショットで攻めるのがほとんどなので、練習をして覚えていただきたいと思います。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。