SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

なぜ朝イチのティーショットは曲がるのか?その原因と対処法とは!?【三觜喜一スウィングの流儀】

【MITSUHASHI TV】再生回数ベスト15レッスン

●「朝イチのティーショットが曲がるのはなぜ?」

朝イチのティーショットは何事もなく、それなりの球を打って気持ちよくスタートしていきたいです。

ところが実際は、右にプッシュアウトしたり、チーピンになってしまうことが非常に多く、その大きな原因はアドレスの取り方にあります。

というのは、アドレスに入る際、ボールの後ろからターゲットラインを決めますが、アマチュアは目線が地面に行きがちです。

その状態でアドレスすると右肩が前に出て肩のラインはターゲットの左を向いてしまいます。そのまま打つと左に引っ張り込むようなチーピンになったり、それを嫌ってボールを右に押し出すということが起きます。

ですからプロのように、まずは球の軌跡をイメージし、地面ではなく空中にある軌跡を見ながらアドレスするようにしてください。

ただドライバー・ショットのように軌跡が急角度だと目線の位置が高くなり、アドレスした場合にズレがでてきてしまい、それもアライメントを狂わせる原因になってしまいます。

ですから、できるだけアドレスと同じ高さの目線で軌跡および目標物を見るようにしてください。そうすると自然と右肩が低くなり、肩のラインを飛球線に対してスクエアにセットすることができます。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。