SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

誰でも改善できる!ドライバーを曲げないちょっとしたコツとは!?【三觜喜一スウィングの流儀】

【MITSUHASHI TV】再生回数ベスト15レッスン

●「ドライバーを曲げないちょっとしたコツ」

ドライバーに限りませんが、クラブを振ってボールを打つ以上、テークバックのときに一番感じてほしいのは、「これから重たい物体を動かす」という意識です。

そのためにはスイングの始動は手先ではなく、体全体を使ってクラブを引っ張るようにしてください。クラブヘッドの後ろにバケツなどを置いて、それを押していくイメージでバックスイングを始めるのです。

そうすることで左肩が低く入り、アドレスの重心位置がキープできます。

ところが、アマチュアの多くはクラブをいきなりひょいっと持ち上げてしまいます。するとそれに伴い体も起き上がり、それを無理やり戻そうとしながら打つことでミスショットになるのです。

ドライバー・ショットで、体が浮いた状態から当てに行くとダウンブローになりすぎるためにテンプラになったり、低い球になってしまい距離をロスしてしまいます。

ですので、これを防ぐためにはクラブが物凄く重いとイメージし、その重い物体を体全体で引っ張るようにテークバックすることです。

手元が先行しながらクラブヘッドが地面を滑るような感じて始動すると、ダウンスイングでも低い位置からボールに向かうことができるので、バックスピン量が適正な弾道を打つことができます。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。