SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

これを知らないと上手く打てない!アプローチ・ショットを成功させるコツとは!?【三觜喜一スウィングの流儀】

【MITSUHASHI TV】再生回数ベスト15レッスン

●「これを知らないとアプローチは上手く打てません」

スイングは大きな動きでも小さな動きでも、クラブを扱う以上物理的には何も変わりません。

ところが実際にアマチュアの動きは、スイングとアプローチ・ショットでは別の動きになっていることが多い。

アプローチは小さな動きであり、ターゲットも近いので、体と腕、クラブを固めてそれらを一塊で動かしがちです。こうしたほうが安心ですし、当たる気もするからなのですが、実際にはザックリやトップになりやすいですし、自分が思った場所にボールを運べません。

そうなってしまう人にイメージしてほしいのは、右手でボールを持ってターゲットに投げるときのことです。下半身を止めて腕だけ振って投げる人はいません。自然に体を回しながら腕を振って投げるはずです。

このときの動きを細かく見ると、腕が体の動きよりも少し遅れているはず。そのほうがターゲットに正確に投げられるからで、腕が背中側にある状態から体を先行させて回しターゲットを見ながら腕は振ります。

当たり前の動きですが、クラブを握るとそれが当たり前ではなくなってしまうのが難しいところです。

しかし、アプローチ・ショットを成功させるにはこの動きを再現することがポイントになります。

バックスイングをしたら、ボールを近くに投げるように、下半身を先行させてからクラブが少し遅れてくるように下ろします。

こうすることでクラブヘッドは引っ張られて下りてきますから、重力に曲げずボールに直接コンタクトします。

体と腕を固めて動かすと正確にヒットできそうですが、重力の影響で思ったところにクラブは戻ってきません。

どんなに小さな動きでも、体とクラブの時間差を作ってクラブを引っ張り戻してハンドファーストにインパクトすることが、アプローチのコツということを覚えてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。