SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ドライバーでスライスが起きる原因と誰でも直せるとっておきの改善法とは!?【三觜喜一スウィングの流儀】

【MITSUHASHI TV】再生回数ベスト15レッスン

●「ドライバーのスライスを直す」

ドライバー・ショットのスライスの原因の多くはアウトサイド・インの軌道にあるのですが、それを誘発するものとして錯覚という要素があります。多くのアマチュアゴルファーは見た目の錯覚のせいで、アウトからインにクラブを振ってしまっています。

その錯覚がなぜ起こるかというと、ターゲットラインと実際のボールの軌道が同じではないからです。ボールと目標を結ぶラインがターゲットラインで、これに対してスクェアに構えるところまではいいのですが、ターゲットラインに沿ってクラブを振ってしまうと目標よりも左に振ってしまう可能性が多くなります。

ボールを打ち出していく方向はターゲットラインよりも約15度上に向いているラインですが、ゴルファーから見るとそのラインはターゲットラインより遥か右に見えるのです。つまり、ターゲットに打ち出すには自分の見た目よりもかなり右にクラブを振っていく必要があるということです。

ターゲットラインに打ち出そうとするから体が突っ込み、早めに胸が左を向いてインサイドにクラブを引っ張り込んでしまうのです。

右に球を打ち出そうとすると、胸が右を向いた状態でダウンスイングに入れるので軌道はインサイドになり球はつかまります。

ぜひ試してみてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。