SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ミスが激減!ショートアイアンでグリーンを外してしまう原因&対処法とは!?【三觜喜一スウィングの流儀】

【MITSUHASHI TV】再生回数ベスト15レッスン

●「ショートアイアンでグリーンを外す人はここが間違っている」

ショートアイアンでグリーンを外してしまう原因は、単なる距離感のミスやロフト通りにインパクトできていないなどさまざまな原因がありますが、ライに対応できていないという要素も見逃せません。

実際問題として、平らな場所からショートアイアンを打つケースというのは少なく、傾斜地からピンを狙う場合が多いのですが、そのときには斜面に対応したアドレスをとるということが重要になってきます。具体的に言うとボールの位置です。

たとえば左足上がり斜面の場合、斜面なりに構える人もいれば地軸にまっすぐ構える人もいるわけで、ボールの位置は当然変わってきます。斜面になりに構える人の体の重心位置は右足寄りになりますから、ボールの位置も右寄りになりますし、傾斜に逆らってまっすぐ立つ人の重心位置は左足寄りになりますから、ボールの位置も左足寄りになるのです。

要するに体の重心位置とボールの位置が一致していれば、体をさほど動かさなくてもクラブが元に戻ってきやすくジャストミートできます。アドレス時にインパクトの再現場所をつくっておくことということです。

ですから、ショートアイアンだからといってボールの位置を適当に決めるのではなく、体の重心の位置を探し、その延長線上にボールを置くことでミスが減るのです。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。