SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

クラブの自然な動きを主体にスイングできるようになる「体内振り子」とは!?【最強不変のスイング法則/森守洋】

Text:森守洋

「体内振り子」がスイングを変える!

はじめて聞くことではないかもしれませんが、スイングの基本動作は振り子運動です。しかるべき支点があって、そこがブレずに腕とクラブが左右にブラブラ揺れる。振るよりもこの意識のほうが大事です。

というのも、振り子の意識がないとクラブを使いきれないから。道具を使う以上、それが正しく動かなければいいスイングにはなりません。そこでまず必要になるのは、クラブが振り子のように動くことなのです。

体の中に振り子の感覚、「体内振り子」ができると、クラブの自然な動きを主体にスイングできるようになります。

【書誌情報】
『最強不変のスイング法則』
著者:森守洋

ミスの原因となる両手の動きと右腕、左腕の正しい動かし方を写真で解説します。さらに、そのステップアップとして手首と肩の振り子運動による、スイング解説も行ないます。「ダウンブロー打法」で注目を集める森プロによる、手の動きにフォーカスしたゴルフレッスン書は、アマチュアゴルファー必読の一冊です。