SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

プロにあってアマチュアにない「ゼロ振り子」を習得する方法とは?【最強不変のスイング法則/森守洋】

Text:森守洋

「ゼロ振り子」の動きはクラブを右回転させてマスター

「ゼロ振り子」を構成する動きは、グリップした両手を支点にクラブをクルクル回す動きにすべて含まれています。体の前でクラブを持ち、この動きをやっていれば自然に「ゼロ振り子」ができます。

その際、右回り(自分から見て時計回り)に回すと一石二鳥。この先、体の動きが大きくなっても振る方向は変わりませんから、最終的なスイング動作にも結びついていきます。ちなみに、うまく当たらない人の多くはダウンスイング以降、左回りのイメージでクラブを下ろしています。

グリップの握り方はなんでもOK。動きやすいことが第一です。

【書誌情報】
『最強不変のスイング法則』
著者:森守洋

ミスの原因となる両手の動きと右腕、左腕の正しい動かし方を写真で解説します。さらに、そのステップアップとして手首と肩の振り子運動による、スイング解説も行ないます。「ダウンブロー打法」で注目を集める森プロによる、手の動きにフォーカスしたゴルフレッスン書は、アマチュアゴルファー必読の一冊です。