SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

「肩振り子」に無限の「ゼロ振り子」で飛距離UP!【最強不変のスイング法則/森守洋】

Text:森守洋

「肩振り子」に無限の「ゼロ振り子」をプラス

「ゼロ振り子」が成立すると、グリップ(手元)よりクラブヘッドの運動量が多くなるためゴルフはだいぶ変わります。

たとえば、僕のお客さんにアプローチの苦手な方がいて、いつもダフると言う。見るとやはり手首を固めて打っていました。これは「肩振り子」だけが動いて「ゼロ振り子」が動いていない状態。そこで、振り子を2つに分けて考えていただき、「ゼロ振り子」だけで1ヤード打つ練習をしたら、あっという間にダフらないようになりました。

軸を中心に体を回したり、「肩振り子」の支点ばかりを気にしていると「ゼロ振り子」が機能しません。クラブの先端に対する意識が強いとこうなりがちで、肩からクラブヘッドまででできるY字ごと動いてしまいます。

「ゼロ振り子」を機能させるには連続打ちや普通の素振りが効果的です。ベタな練習法ですが、次から次へとボールを打ち続けるには、支点を動かさずに手首を使わないといけません。うまく打てるようになると無限に打ち続けられるくらいの感じになります。

なぜなら「ゼロ振り子」とは無限ループみたいなものだから。振り子ですから、理論上は質量保存の法則に従ってクラブが動きます。空気抵抗や支点で生ずる摩擦がなければ、それこそ永遠にかつ規則的に動き続けるわけです。

「ゼロ振り子」ができてはじめて三角先生が生きる。三角先生をキープする練習法をやっても効果がない人は、「ゼロ振り子」ができていない可能性が高いと思います。

【書誌情報】
『最強不変のスイング法則』
著者:森守洋

ミスの原因となる両手の動きと右腕、左腕の正しい動かし方を写真で解説します。さらに、そのステップアップとして手首と肩の振り子運動による、スイング解説も行ないます。「ダウンブロー打法」で注目を集める森プロによる、手の動きにフォーカスしたゴルフレッスン書は、アマチュアゴルファー必読の一冊です。