SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

タイガー・ウッズほどの超一流プレーヤーでも起こり得る両手問題とは!?【最強不変のスイング法則/森守洋】

Text:森守洋

力むとタイガーでも左前腕の回外が甘くなる

面白い、と言っては何ですが、タイガー・ウッズほどの超一流プレーヤーでも両手問題でミスをします。

彼に限らず、プロは時たまドライバーで右にプッシュアウトすることがあります。これは緊張や不安によって力みが生じるから。左前腕が内側に回って回外が甘くなるのです。

最終的にはタイミングの問題ですが、原因はインパクトで左腕の使い方が悪い、あるいは右手の力が強過ぎるかのどちらか。スイングが詰まる、ヘッドが走らないと感じるときも、このパターンで両手がケンカしています。

【書誌情報】
『最強不変のスイング法則』
著者:森守洋

ミスの原因となる両手の動きと右腕、左腕の正しい動かし方を写真で解説します。さらに、そのステップアップとして手首と肩の振り子運動による、スイング解説も行ないます。「ダウンブロー打法」で注目を集める森プロによる、手の動きにフォーカスしたゴルフレッスン書は、アマチュアゴルファー必読の一冊です。