SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スライスもフックも自由自在に操れる打ち方とは!?【最強不変のスイング法則/森守洋】

Text:森守洋

片手打ちならスライスもフックも自由自在

スイングを片手で考えると容易にボールを曲げることができます。たとえばスライスを打つ場合、ややオープンに構えてアウトサイドインの軌道でスイングしますが、片手のほうが両手でやるよりずっと簡単。フックを打つ場合は逆ですが同様に簡単です。これは両手だとどちらかの手が邪魔をして、イメージ通りにクラブが動かないのですが、片手だと動きやすい。

右手だとスライスが打ちやすければ右手一本で、左手でフックが打ちやすければ左手一本で打つイメージでスイングするだけで、ボールを曲げることができるようになります。

【書誌情報】
『最強不変のスイング法則』
著者:森守洋

ミスの原因となる両手の動きと右腕、左腕の正しい動かし方を写真で解説します。さらに、そのステップアップとして手首と肩の振り子運動による、スイング解説も行ないます。「ダウンブロー打法」で注目を集める森プロによる、手の動きにフォーカスしたゴルフレッスン書は、アマチュアゴルファー必読の一冊です。