SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

片手打ち練習法で大事なこととは!?【最強不変のスイング法則/森守洋】

Text:森守洋

右手の力を抜きクラブの重さを使って振り下ろす

右手一本の素振りをします。ボールを打ってもいいですが、利き手で器用なぶん、ボールに当てにいくことができる。そうなると片手で振る意味がないので、クラブを振り子のように動かすことを第一に考えてください。

素振りにしろ、ボールを打つにしろ、大事なのは力を入れないこと。右手は切り返しで力が入りやすく、そうなると手首の角度がほどけてアーリーリリースになります。ギュッと握らずクラブをつまむようにして振るといいでしょう。ダウンスイングでクラブの重さを感じないようになったらクラブが立ってタメができている。そこからヘッドの重さを使ってビュンと下ろせればOKです。

【書誌情報】
『最強不変のスイング法則』
著者:森守洋

ミスの原因となる両手の動きと右腕、左腕の正しい動かし方を写真で解説します。さらに、そのステップアップとして手首と肩の振り子運動による、スイング解説も行ないます。「ダウンブロー打法」で注目を集める森プロによる、手の動きにフォーカスしたゴルフレッスン書は、アマチュアゴルファー必読の一冊です。