SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

天秤が自分の方に傾いた状態を作ればクラブを自由自在に加速させることができる!【一生ブレない身体のスイング/永井延宏】

Text:永井延宏

天秤が自分のほうに傾いた状態を作る

大型化したイマドキのゴルフクラブにおいては、スイング中の身体とクラブのバランスがますます重要になります。シャフトが地面と平行な9時のポジションまでクラブが上がったとき、重さのあるクラブヘッドは下がろうとしていますが、左手でそれを抑えています。このとき①ヘッドが下がっている ②シャフトは水平だが手元が遠い ③ヘッドが上がっている という3局面がありますが、アマチュアの場合は①と②になっていることが多いのです。これは軸が右に移動しているためにクラブヘッドの重さを支えきれない、遠ざかろうとするヘッドに引っ張られる、という理由で起こるのですが、ヘッドをコントロールし、かつ加速するためには③の状態を作りたいのです。それには身体が左に来たほうが都合がよく、身体とクラブの関係やバランスを天秤に見立てた場合、天秤が自分のほうに傾いたような状態を作ることができれば、ここからクラブを自由自在に加速させることができるのです。

身体とクラブのバランスは柔道の組手争いのようなもので、結局、自分とクラブが力学的にやり取りしているわけです。自分が有利な組手(クラブをコントロールできる状態)をクラブと身体の関係で言うと「天秤が自分のほうに傾いた状態」です。「ヘッドが下がっている」状態は組手争いに敗れた(クラブをコントロールできない)不利な状態ですから、これは避けるようにして、最低でも「シャフトが水平」な状態か、望ましくは「ヘッドが上がっている」状態を作り出すことが必要です。

「フィギュアスケートのスピンは、腕を身体に引き付けて短く使ったほうが加速しやすい」とたびたび言及されていますが「天秤が自分のほうに傾いた状態」はまさにこれで、身体が左に移動することで手元とクラブを近くに引き付けられるので回転がしやすいのです。

 ストロンググリップでは右手を下から添えるので、ヘッドの下がろうとする動きには弱くダフリやすいので、近年、アマチュアのアプローチイップスが増えているという事実に関係していると思われます。それを解決するためにも、左手がややストロング、右手はスクェアという大型ヘッドにマッチしたグリップに移行する必要性があるでしょう。クラブに負けないよう、右手の橈とう骨こつ側でヘッドを支える感覚が新しいグリップの基本です。ビギナーへのレッスンにおいてはグリップをすぐには教えず、ある程度身体が動くようになってからグリップを教えますが、そのとき、左手は軸で右手はへらです、という役割の違いを教えると、明らかにミート率が良くなります。一体感をキーワードに2つの手で1つのグリップを作るという手の合わせ方を教えるよりも、左右の手には別々の役割があることを教えたほうが上達が早いのです。

これは「ゆるゆる」「ソフトに」とか「左右の手の一体感」「右手が何もしない」といった類のレッスンは、クラブの構造をコントロールできた人の主観であると言えます。やはり、クラブの構造を理解し、あらかじめ手元に仕込んでおくことが必要です。

【書誌情報】
『一生ブレない身体のスイング』
著者:永井延宏

ゴルフのスイングはゴルフクラブと自分のバランスが大切。最新のクラブヘッドが大型化するにつれて、クラブに働く力と自分の力を均衡させることが重要になっている。この本では、最新のクラブを題材に、いまのクラブに合ったボールの打ち方を写真でわかりやすく解説。さらに、クラブに働く遠心力など、見えない力に負けない身体の効率的な使い方を練習ドリルとともに紹介。「入れ替え動作」という、身体の動かし方を写真でくわしく説明している。