SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

現代のゴルフクラブを上手く打つにはジョーダン・スピースのグリップの握りを真似よう!【一生ブレない身体のスイング/永井延宏】

Text:永井延宏

「左手が下、右手が上」がキーワード

クラブに負けない状態を作るには「左手が下、右手が上」がキーワードで、クラブを支える左手は尺しゃっ骨こつ側の中指、薬指、小指の3本で支え、支点となる右手は橈骨側の親指、人差し指で持ちます。これを理解するためには、普通にグリップした状態から左手の親指と人差し指、右手の中指、薬指、小指をはずし、左手の3本と右手の2本でクラブを支えて、そのまま振るといいでしょう。

ジョーダン・スピースのグリップがまさにこれで「左手の3本と右手の2本」以外の使わない指は適当にふわっと合わせているだけの、オーバーラッピングでもインターロッキングでもないグリップです。

ゴルフトーナメントのテレビ中継でスイングのスーパースロー映像を見るとき、私はダウンスイングに入ってくるときの右手の親指に注目します。プロは親指がシャフトに乗っかった状態で下りてきて、右手が上の状態のままリリースします。ところがプレーンに乗らないアマチュアは、親指がシャフトからはずれて手のひらにクラブを乗せている形になってしまいます。クラブに負けてヘッドは下がっていますから、その補正として、無理やり右腕をひねったりなどの帳尻を合わせる動作が必要になってくるわけです。

右手のグリップはスクェアになっていると言いましたが、ストロングに持つと、ダウンスイングで親指が倒れてしまう悪い状態になりやすいからです。ヘッドが最近のクラブほど大きくない時代には、極端にヘッドが落ちる挙動は起こらなかったし、フェースを返しても左手の抑えが効きましたが、現代の大型ヘッドはいったんヘッドが下がってしまうと終わりです。それゆえに、スクェアに握ってへらを立てて、かつヘッドが下がらないように使うことが重要です。

【書誌情報】
『一生ブレない身体のスイング』
著者:永井延宏

ゴルフのスイングはゴルフクラブと自分のバランスが大切。最新のクラブヘッドが大型化するにつれて、クラブに働く力と自分の力を均衡させることが重要になっている。この本では、最新のクラブを題材に、いまのクラブに合ったボールの打ち方を写真でわかりやすく解説。さらに、クラブに働く遠心力など、見えない力に負けない身体の効率的な使い方を練習ドリルとともに紹介。「入れ替え動作」という、身体の動かし方を写真でくわしく説明している。