SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

クラブでしっかりとボールに圧力をかけられる身体の使い方とは!?【一生ブレない身体のスイング/永井延宏】

Text:永井延宏

背骨の動きでボールに圧力をかける

クラブでしっかりとボールに圧力をかけられる身体の使い方を説明しましょう。結論から言ってしまうと、身体が3つの文字を描くように動きます。1文字めは漢字の「入」。2文字めがカタカナの「ト」。そして最後が漢字の「人」です。

 背中から見るとよくわかるのですが、アドレスの段階でまっすぐな背骨を、バックスイングで左に傾けて右脚とつなげます。この背骨から右脚のラインと左脚で「入」という文字になります。そこから左足を踏み込んでいきますが、そうすると背骨が動いて今度は左脚とつながります。この背骨から左脚のラインが地面と垂直になりますから、このラインと右脚で「ト」の文字が描けるわけです。

このときクラブは9時のポジションあたりにあります。そこから「ト」が右に傾きながらインパクトに向かい、フィニッシュです。こうして「ト」の文字が「人」という文字に変化します。

アプローチでは特に「入」の動きが重要で、身体が左に傾くことでバックスイングにブレーキがかかります。ブレーキがかかったら、背骨を動かして身体を「ト」の状態に持ってくるとクラブは下降してボールをとらえます。

これをできるだけ小さな動きで行うことで、圧をかけるインパクトが理解できると思います。手で打とうとしてもボールは弾けませんから、身体を使ってしっかりとヒットしてください。

【書誌情報】
『一生ブレない身体のスイング』
著者:永井延宏

ゴルフのスイングはゴルフクラブと自分のバランスが大切。最新のクラブヘッドが大型化するにつれて、クラブに働く力と自分の力を均衡させることが重要になっている。この本では、最新のクラブを題材に、いまのクラブに合ったボールの打ち方を写真でわかりやすく解説。さらに、クラブに働く遠心力など、見えない力に負けない身体の効率的な使い方を練習ドリルとともに紹介。「入れ替え動作」という、身体の動かし方を写真でくわしく説明している。