SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

「ダイナミックバランス」&「腕を固く使う」ことを理解する為の練習法とは!?【一生ブレない身体のスイング/永井延宏】

Text:永井延宏

パターで重さのあるものを押す

「ダイナミックバランス」および「腕を固く使う」ということを理解するためには、パッティングのストロークで重さのあるもの、たとえば地面に置いた棒を押してみるといいでしょう。

パターフェースでまっすぐ押し込んでいくとき、手を横に流したのでは押せません。ましてや腕が緩んでいたのでは棒に全く圧をかけられません。

どうすればいいかというと、シャフトに支点を作り、体のエネルギーをシャフトというパイプを通してクラブヘッドに伝えるイメージで押すことです。このときフェースで棒を押す方向と逆の力が手元に発生しますが、これがダイナミックバランスに他なりません。

もう少し大きな動きで説明すると、ボールの入ったかごを左右に揺さぶるときの動きがダイナミックバランスです。

腕が緩んでいたらスムーズにかごを動かせませんし、体の動きと連動しないとかなり大きな腕の力が必要になります。

実際にやってみれば、腕を固く使いながら、かごを移動させる方向と逆に頭を動かしてバランスを取ることによって、スムーズにかごを動かせることがわかると思います。

【書誌情報】
『一生ブレない身体のスイング』
著者:永井延宏

ゴルフのスイングはゴルフクラブと自分のバランスが大切。最新のクラブヘッドが大型化するにつれて、クラブに働く力と自分の力を均衡させることが重要になっている。この本では、最新のクラブを題材に、いまのクラブに合ったボールの打ち方を写真でわかりやすく解説。さらに、クラブに働く遠心力など、見えない力に負けない身体の効率的な使い方を練習ドリルとともに紹介。「入れ替え動作」という、身体の動かし方を写真でくわしく説明している。