SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アドレスが安定するモモ裏の張りの必要性とは!?【ナイスショットは骨で打つ!/福田尚也】

Text:福田尚也

おヘソの下を引き締めてモモ裏に張りを感じておこう

締めておくべき体の部位とは体の中心です。中心を重心と置き換えて考えても構いません。体の中心、あるいは重心はちょうどお腹あたりです。細かくいえば『丹たん田でん』と呼ばれるおヘソの下の部位です。背骨と一緒に骨盤を前傾させたら、お腹を少し引っ込ませて、おヘソに力をためておく感覚を作りましょう。この意識で重心が下がり、アドレスが安定します。

お尻からモモの裏側のラインにも張りを感じるようにします。両ヒザを抜くようにヒザを軽く曲げてお腹に力をためれば、自然とモモの裏側が締まります。ヒザが伸びたり曲がりすぎたりしてはお腹やモモの裏側が締まりにくく、アドレスのバランスが悪くなります。


お腹を引き締めてお尻からモモの裏までの部位を締めておく

【書誌情報】
『ナイスショットは骨で打つ!』
著者:/福田尚也

「骨に任せたゴルフスイング」というテーマで、JPGAティーチングアワード優秀賞を受賞した本書の著者・福田尚也プロ。 同プロのスイング作りは、「骨」(=骨格)をベースにした独自の方法だ。人によって、体型、筋力の違いはあっても、骨格や関節の使い方や動きは誰でも同じ。それを踏まえて、骨格と関節の視点でスイングを理解すれば、万人に共通する正しいスイングが身につく。 この本では、骨と関節、特に肩甲骨と股関節にポイントを置いた、福田プロの“骨スイング”の方法を具体的にひも解き、数多くの写真を交えてわかりやすく解説している。 骨スイングを身につけて、飛距離アップとショットの安定を手に入れよう!