SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

三觜喜一が教える初心者でもミスしないスイングの動きとは!?

毎回、芯で打てるようになる
三觜喜一スウィングの“当たり前”
教えます!

たっぷり練習をしているのに、スコアが縮まらない。「いったい何が悪いのか?」。そんな人は、もう一度スウィングというものを見つめ直してみませんか。“ 悩めるゴルファー”のために立ち上がったのは、レッスン界のカリスマ・三觜喜一。数多くのゴルファーから信頼を得ている三觜プロがゴルフの“ 基本のキ”を教えます!

クラブを時計回りで動かせば、
大きなミスにはなりません!

●反時計回りで身体を動かすからミスが起こる

<三觜> クラブは円運動が基本だという話をしましたが、どういう回転をさせればいいか分かりますか?

<幡野> 自分から見て時計回りで回すというのが自然の形ですよね。

<三觜> そうです。時計回り、つまり右回転をさせるのが普通です。ところが実際は、それができていない人が多い。

<幡野>  そんな人いるんですか?

<三觜> たくさんいます。一般アマチュアゴルファーのほとんどが、右肩が突っ込んだスウィングになっているでしょう?

<幡野> そうか、身体が突っ込むと反時計回りになってしまうのか。

<三觜> そうなってしまうのは、「ボールに当てたい」という気持ちが強すぎるからなんですが、まずはこの動きを矯正しなければいけない。

<幡野> 当てにいかなければいいんですよね。

<三觜> 理屈はそうですが、目の前にボールがあるとついつい当てにいってしまう。だからまず、身体に時計回りの動きを染み込ませることが大事になってきます。そこでイメージしてほしいのが〝背泳ぎ〞です。

<幡野> いきなり水泳ですか?

<三觜> 背泳ぎのイメージで身体を動かすと、身体自体が時計回りになって、胸が開かずにインパクトを迎えられる。そうすれば、合わせにいく動きが改善されるというわけです。

<幡野> これからはプールでも背泳ぎしかしないようにします(笑)。

三觜喜一が教えるポイント
身体は背泳ぎのイメージで動かす!

【OK】背泳ぎの身体の動き

腕を下から上に上げる背泳ぎは、時計回りの動き。スウィングのときはこの動きをイメージすることが大事。また、準備運動でもこの動作を取り入れたい。

【NG】クロールの身体の動き

腕を上から下に下ろすクロールは、反時計回りの動き。一般アマチュアは、 スウィングのときでもこのような動きで打っているからミスが出やすくなる。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.2』7月17日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。