SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

佐久間馨が教える理想的なトップ・オブ・スイングの作り方とは!?

テークアップは右耳後ろの吊革をつかむように!

、スライド・ダウンに入るための「テークアップ」について説明します。従来「テークバック」と称していたパートですが、なぜテークアップに改めたのか。テークバックというと、上半身を後ろ(背中側)に回せ、といったような誤解が生じるからです。

テークアップは、文字通り両手を右耳の上にアップする(上げる)動きです。アドレスの状態から、右耳後ろに吊革をイメージし、それを両手でつかみにいきます。上半身を回す必要はありません。左右の肩甲骨をスライドさせるだけでOK。このとき、右足裏の内側に体重を感じますが、体重移動をしているわけではありません。「体重移動しろ」とか「肩を90度、腰を45度回せ」といった言葉は一切忘れましょう。

テークアップのスタートでは、両手をターゲットラインと平行に右腰前まで移動させる。それだけで連鎖性と慣性力によってクラブは勝手に上昇し、身体は理想的な動き方をしますので、あとは右耳後ろの吊革をつかみにいくだけ。これでトップ・オブ・スウィングの完成です(そのとき、身体のどこにもストレスがあってはいけません)。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.2』7月17日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●佐久間馨
スウィングメカニズムを科学的な視点から研究し、独自のスウィング理論「S スウィング」、上達法「Sメソッド」を編み出す。またアマチュア時代に培った自らの経験と、近年コミュニケーションスキルとして注目されている神経言語プログラミング「NLP」を融合させ、プレー中いつでも最高のメンタルで臨める自己対話法「NLPゴルフ」を構築。ゴルフだけでなく、メジャーリーガーのメンタルコーチを務めるとともに、質の高いコミュニケーションをテーマに講演を行うなど幅広く活動している。「2010 ゴルフダイジェストアワード レッスン・オブ・ザ・イヤー」受賞。主な著書に『練習ぎらいはゴルフがうまい』(ゴルフダイジェスト社)、『誰でもできるナイスショットの絶対法則』(日本文芸社)、『ナイスショットはいつでも打てる』(日本経済新聞出版社)『ゴルフは突然うまくなる』(現代書林)などがある。