SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ミスショットの大きな原因になるインパクト時の身体の伸び上がりを防ぐ重要な“フトコロ”の話とは!?【新井淳の2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!】

インパクト時の身体の伸び上がりを防ぐ、重要な“フトコロ”の話

振り子の動作でボールを打つ場合、インパクトの瞬間にヘッドが自由に動ける状態にしておくことも大事です。

そのためにも、力を込めてボールを叩くのではなく、インパクト直前で力を緩めるぐらいのイメージを持ちましょう。もっといえば、当たる直前にクラブを地面に放り出していくようなつもりでスウィングすることです。

また、アベレージゴルファーの中には、インパクトで身体が伸び上がる人が多いのですが、これもミスショットの大きな原因になります。

伸び上がりを防ぐポイントとしては、しっかりグリップを引き込むこと。そのためには、インパクト前に手と身体との間にスペースを作っておくことが大事です。フトコロが広い状態でクラブをインパクトゾーンに入れると前傾が崩れず、伸び上がることはありません。

一方、フトコロが狭くなると、インパクトゾーンで手が身体から離れるために身体が起き上がってしまいます。前傾姿勢をキープするためにも、広いフトコロを保ち、グリップを身体のほうに引き込むようにして身体を回転させましょう。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.10』

【レッスンプロ/出演者情報】
●新井淳
Score personal golf lesson主宰。JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。小田急線相模原駅近くにあるスタジオには、悩めるゴルファーが全国から集まる。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.11』12月23日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内