SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

切り返しからダウンスウィングでクラブのスピードを上げる方法とは!?【三觜喜一の一番伝えたかったスウィングの原理原則】

切り返しからダウンスウィングでクラブのスピードを上げる方法を教えます!

●右手で棒を振るときの動きを再現してみる!
どうすれば、切り返しからクラブを加速させることができるか。

その答えを見つけるためには、棒を振るときのことを考えてみるのが一番です。

実際にやってみると、もっとわかりやすいと思いますが、「棒を速く振れ」と言われたら、ほとんどの人はその棒を、ターゲットに向かって直線的に動かすのではなく、前腕を外旋させながら(右に回しながら)下ろしてきます。これがヘッドスピードを加速させるコツです。

ところが多くのゴルファーは、ゴルフボールを目の前にすると、クラブを速く振るということよりも、フェース面にボールを正確に当てるということに注力してしまいます。そのため手を直線的に下ろしてしまい、結果的にエネルギーが伝わらない、当てるだけのスウィングになってしまうのです。

まずはクラブを逆さまに持って、スピードが最大になるように振ってみてください。そのときの腕や腰の動きをスウィングでも再現すれば、確実にボールを飛ばせるようになるはずです。

棒を速く振ろうと思い、棒を振り上げるとき自然と左肩が下がり、右肩が上がる動きになります。

このとき、身体をヨコに回そうとする人はいないはず。身体をタテに使うのは当たり前の動きなのです。

にもかかわらず多くの人がヨコに回るのは、一般的に「肩を水平に回せ」と言われているから。ヨコに回っても見た目がおかしくないのも、ヨコ回転派が多い一因です。

だからと言って身体の動きをことさら意識する必要はありません。というのも、クラブを速く振ろうと思えば自然とタテ回転になるからです。

身体の動きではなく、「速く振る」ことを強く意識してスウィングしてください。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.12』

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.13』4月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内