SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ボールを掴まえて飛ばすにはフェースを開いて閉じる動きが必要な理由とは!?【三觜喜一の一番伝えたかったスウィングの原理原則】

飛ばすためのダウンスウィングとクラブの使い方、教えます!

◇ボールをつかまえて飛ばすにはフェースを開いて閉じる動きが必要

●当てたいという気持ちがつかまりを悪くする
アマチュアゴルファーが強い球を打てないのは、ボールをつかまえることができていないからだといわれますが、その原因は、フェースターンをしていないことにあります。

本来、強く飛ばすためには、クラブも回し続けなければいけません。

 

ところが、ほとんどの人はフェースがボールを向いていないと不安を覚えるため、フェース面の開閉を抑えようとする。その結果、クラブが外から入り強く叩けなくなるのです。

 

これを防ぐためにも、フェースは開閉させなければならないということを理解すること。そして、ダウンスウィング~フォロースルーでしっかりフェースを返すこと。これができるようになればボールはつかまって、強い球が出るようになります。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.13』

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.13』4月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内