SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

球を強く飛ばす為には“低くて長い”インパクトゾーンが必要な理由とは!?【三觜喜一の一番伝えたかったスウィングの原理原則】

飛ばすためのダウンスウィングとクラブの使い方、教えます!

◇大きな円弧で打ったほうがインパクトゾーンが長くなる

●低く長いインパクトは手の操作ではできない
球を強く飛ばすためには、“低くて長い”インパクトゾーンが必要だといわれています。

確かに、インパクトゾーンが長くなれば、その分飛距離も伸びるし、方向性も安定します。

しかし残念ながら、これは意識してできるものではありません。

低く長くするためには、手で操作するのではなく、スウィングアーク(円弧)そのものを大きくする必要があります。

 

また、ダウンスウィングで支点が左にずれる(手元が先行する)動きも必要になってきます。

 

一方、スウィングアークが小さかったり、アークが大きくても支点が左にずれていなければ、打点が点になってしまうため、大きな飛距離も期待できないし、方向性も不安定になります。

 

強く飛ばしたいならインパクトを意識するのではなく、大きなアークを意識してください。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.13』

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.13』4月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内