SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ラウンドで自分の持てる能力を最大限に発揮する為のパット手順のルーティーン化とは?【大本研太郎の「右脳」パッティングの極意】

ラウンドで活かせる、パットの手順のルーティーン化とは?

●大切な4要素の順序はミスチェックの順でもある
実戦で自分の持てる能力を最大限に発揮するには、イメージで技術と感覚を引き出すことに加えて、実戦編として「読み方、狙い方、距離感、方向性」という、考え方の4段階の整理があります。

これまでに説明した読み方、狙い方に、今回技術編で説明した距離感を加えると、あとは狙った方向に対して的確に構えを作り、フェースを正確に向けてインパクトするだけです。

しかし、その正確性に意識を注ぎ込むのはショートパットのときだけ。ある程度の長さのあるパットのときは、距離感に集中します。

 

とくに勧めたいのは、ルーティーンの中に、「向き、姿勢、リズムとテンポの意識、ストローク」の順で確認する手順を入れることです。

これらをしっかり整え、実際に打つときには何も考えずに打つだけ。入らなかったときには、この順で確認し直すと、原因がわかり、修正できます。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.13』

【レッスンプロ情報】
●大本研太郎
1974年生まれ。2012年にパターレッスン専用スタジオ「パットラボ」を開設し、アマチュア2,000人、プロ180人を超音波機器で詳細に解析。「グラビティーメソッド」を確立し、PGAティーチングプロアワードで最優秀賞を受賞(2018年)。GPC恵比寿代表。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.13』4月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内